銀座シネパトス「無事に閉館」 45年の歴史に幕

印刷

   映画館「銀座シネパトス」(東京中央区銀座)が2013年3月31日、45年の歴史に幕を下ろした。

   公式ツイッターアカウントが4月1日、こう報告した。

「昨日無事に銀座シネパトスは閉館致しました。長年にわたりシネパトスを愛してくださった皆さま、誠にありがとうございます。どうぞ映画館で映画を観る楽しさ、喜びを、他の劇場さんでも変わらず続けていただければと思います。本当に皆さまありがとうございました」

   銀座シネパトスは1967年、東銀座駅と銀座駅間にある三原橋地下街に「銀座名画座」「銀座地球座」としてオープン。1988年に現在の「銀座シネパトス」に名称を変え、2009年から3スクリーンのうち1スクリーンを、邦画専門の名画座として運営してきた。銀座唯一の名画座として多くのファンに親しまれてきたが、三原橋地下街が耐久性の問題で取り壊されることに伴い、閉館の運びとなった。

   なお、閉館を記念し制作された映画「インターミッション」(2013年2月公開)は、同系列の池袋HUMAXシネマズで引き続き上映されるという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中