AKB片山陽加が事務所の契約解除、古巣に戻る 「まだAKBとして頑張りたい。もっとやってみたい!」

印刷

   アイドルグループ「AKB48」の佐藤亜美菜さん(22)と片山陽加さん(22)の所属事務所が、2013年4月1日にいきなり、2人とのマネジメント契約が終了したと発表した。

   移籍先は研究生などが所属する二人の古巣である「AKB48」の運営会社AKSのため、「クビになったのか?」などと様々な憶測が広がっている。片山さんは今回の移籍についてブログで、AKBの仕事をもっと増やしたいから、「移籍は自分で決めました!」と説明している。

「週刊文春、確定ですか??」

   片山さん、佐藤さんが所属していたのは演劇俳優を多く抱えるアトリエ・ダンカンで、木の実ナナさん、尾藤イサオさん、星野知子さんなどの先輩がいて、劇団も運営していることから、2人が舞台に起用されることもあった。そんな同事務所は4月1日に公式ホームページで、

「片山陽加、佐藤亜美菜は3月末日を以てマネジメント契約を終了いたしました」

とだけ発表した。契約を終了した理由は書かれていなかった。

   この発表を受ける形でAKSは同日、

「アトリエ・ダンカンとの契約が満了したことに伴い、4月1日付で、株式会社AKSに所属することになったことをお知らせします」

と告知した。

   ネットでは、移籍の理由が語られないのは、2人が事務所をクビになったからに違いない、とし、

「週刊文春、確定ですか??」
「未成年居酒屋デートを写真つきで載せられてた人だよね」
「木の実ナナがエースの事務所だろ?そもそも畑違いなんだよ」

などの憶測が出た。

AKSがマネジメントをしていきます

   そうしたなか、片山さんは4月2日付のブログで、

「この度、アトリエダンカンからAKSに戻る事にしました!」

と思いを綴った。ダンカンではミュージカルに出演するなど舞台の楽しさを教えてもらい、将来は舞台でやっていきたいという夢もできたけれども、今はAKBの一員だから、

「まだAKB48として頑張りたい。AKBであるうち色んな仕事をもっとやってみたい!その思いが強くて、今回今までの事務所を離れようと自分で決めました!」

と書いている。

   アトリエ・ダンカンに話を聞いてみると、事務所を移りたいという申し出は2人からあり、その思いを受け止め、AKSとの合意の上で決定したことだと説明した。アトリエ・ダンカンに在籍しているということは、2人にとって何か不都合なことがあるのか、と質問したところ、

「それは本人に聞いてください」

ということだった。

   AKSには一時的に在籍し、次の事務所を探すのかどうかについてAKSは、

「所属事務所を改めて見つける、などとは一切言っていません。うちがマネジメントしていきます」

と明かしている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中