キンタロー。お相手の「河口こうへい」どんな人? テレビ番組で公開告白、見事成功!

印刷

   前田敦子さんのモノマネなどで知られる芸人・キンタロー。さん(31)が、2013年4月2日放送のバラエティー番組「好きになった人」(日本テレビ系)の企画で好きな人に告白、見事成功した。

   お相手は同じく芸人の河口こうへいさん(32)なる人物だ。初めて名前を聞くという人も少なくないだろうが、河口さんは一体どんな人なのか。

芸人になりたてのキンタロー。に優しくしてくれた人

   ゲストが過去に好きだった人や今好きな人についてのエピソードを明かし、本人がオファーを受ければその場に登場、ゲストが伝えたい事を伝えるという内容で、キンタロー。さんは今本気で付き合いたい人として河口さんの名前を挙げた。

   河口さんは、東京・新宿のものまねショーパブ「キサラ」に出始めた頃、先輩になかなか馴染めなかったキンタロー。さんに初めて優しく声をかけてくれたそうだ。河口さんの優しさにひかれ、だんだん好きになっていったが、もし失敗したら気まずくなると思って告白できなかったという。

   しかしこの番組に出演が決まった時、打ち合わせで河口さんへの熱い思いをスタッフに語り、「番組で告白したい!」と言ったため、河口さんに出演交渉、見事実現した。

   河口さんがスタジオに登場すると、キンタロー。さんは「目が見れない」と珍しく緊張しきりだった。キンタロー。さんの印象を聞かれた河口さんは、「明るくて、このままの感じ」「すごい素直な子」と語った。

   さらに好きな女性のタイプを聞かれると「明るくて、ノリがいい子」と答えた。河口さんが語るキンタロー。さんの印象と同じだったため、スタジオは一気にヒートアップ。河口さんに今彼女がいないこともわかると、歓声が沸いた。

   キンタロー。さんはモノマネ用のカツラを取り、「今日は前田敦子さんのモノマネをする私でもなく、芸人のキンタロー。でもなく、1人の女性として告白したいと思います。河口こうへいさんのことが大好きです。よかったらお付き合いして下さい」と、声を上ずらせながら告白した。

B’zから麻生太郎まで多岐にわたるレパートリー

   キンタロー。さんの告白を聞いた河口さんは、「よろしくお願いします!」と返した。スタジオは興奮に包まれ、キンタロー。さんは喜びのあまりに泣き出してしまった。

   実は河口さんもキンタロー。さんに気があったようで、「慕ってくれてる時からちょっと気にしてて、マネージャーに相談していた」「売れてしまって遠い存在になってしまったので、あきらめていた」と明かした。

   番組のエンディングでは、収録後日の2人の居酒屋デートの様子が流れた。キンタロー。さんが卵焼きを河口さんに食べさせたり、頬にキスされて「キャー!」と騒いだりと、ラブラブな様子が見て取れた。

   河口さんは所属する事務所「ホリプロコム」のライブやキサラでのライブで主に活躍しているモノマネ芸人で、07年にデビューした。11年デビューのキンタロー。さんの4年先輩にあたる。

   身長162センチのぽっちゃりした体型で坊主頭、垂れ気味の眉が人の良さを感じさせる。モノマネレパートリーはGLAYやB'zなどのミュージシャンから、ハライチの澤部佑さん、島田洋七さんなどお笑い芸人、さらに麻生太郎氏まで多岐にわたっている。

   河口さんは番組放送翌日の13年4月3日、ブログで「今、すごく幸せです。キンタローさんのことを大事にしていきます。みなさん、温かく見守っていただけると、嬉しいです」と早速のろけ、コメント欄も祝福ムードに包まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中