北朝鮮サイトに再度「正恩ブタ画像」 金日成主席誕生日にサイバー攻撃で大恥

印刷

   2013年4月上旬にサイバー攻撃を受けていたことが明らかになった北朝鮮関連サイトが4月15日午前、またつながらなくなった。

   一部のサイトには以前と同様の金正恩第1書記をブタに似せて描いた画像が掲載され、再びサイバー攻撃が行われた可能性が高い。4月15日は故・金日成主席の101回目の誕生日にあたる「太陽節」。最も祝賀ムードを演出しなければならない時期に、北朝鮮当局が大恥をかかされた形だ。

ツイッターは乗っ取られたままだった?

北朝鮮関連サイトに掲載された画像。4月上旬の攻撃と同じ画像だ
北朝鮮関連サイトに掲載された画像。4月上旬の攻撃と同じ画像だ

   「アノニマス」を名乗る利用者は、2013年4月4日午後、対外宣伝サイト「我が民族同士」などにサイバー攻撃を行い、登録読者の名簿が盗み取られたとして波紋が広がっていた。このサイバー攻撃の際、「我が民族同士」が持っていたツイッターのアカウントも乗っ取られたが、現時点まで乗っ取られた状態が続いていた様子だ。

   このアカウントが4月15日10時43分、

「さらに多くの北朝鮮のウェブサイトが、我々の手中にある。まもなくダウンするだろう」

とツイートし、「我が民族同士」を含む4サイトに侵入したことを宣言した。

   「我が民族同士」は「Service Unavailable」と表示されアクセスできない状態になっており、「在米自主思想研究所」「民族通信」など3サイトには、西遊記の猪八戒のイラストに金正恩第1書記の写真を合成した画像が掲載されている。この画像は、4月4日の攻撃と同じものだ。

労働新聞が被害を非難してから1週間も経っていなかった

   「我が民族同士」をめぐっては、4月4日の攻撃後、しばらくして復旧。4月9日には、

「一層明白になったハッキング謀略事件の真犯人」

と題した記事を掲載し、韓国政府がサイバー攻撃を利用して世論操作している等と主張していた。同様のサイバー攻撃を非難する記事は、朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」にも掲載された。

   この批判記事から1週間も経たないうちに、北朝鮮は再びサイバー攻撃の被害にあったことになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中