週刊文春「坂口憲二の路チュー」と「AKB河西お泊まり」 撮影場所モロ被り!「ねつ造スキャンダルか」の声上がるも…

印刷

   「週刊文春」2013年5月16日号で、現在テレビドラマ「ダブルス~二人の刑事」(テレビ朝日)で主演を務める俳優・坂口憲二さん(37)の「路チュー」と、坂口さんとダブル主演を張っている俳優・伊藤英明さん(37)との「夜遊び」が写真付きで報じられた。

   この写真が、同誌前号で報じられた、AKB48(当時)河西智美さん(21)の「運営会社トップ宅お泊まり疑惑」の撮影場所と同じだとして、インターネット上で驚きの声が上がった。

「河西さんの記事は捏造濃厚だな」「全て仕込みだったのか」

   週刊文春発売前日の13年5月7日、インターネット上に坂口さんと伊藤さんの写真が先に流出した。

   写真には、坂口さんが若い女性と手を繋いで歩いている姿、2人が路上で堂々キスしている姿、倒れ込んだ女性に坂口さんが覆い被さっている姿、さらにあとから伊藤さんが別の女性を連れて合流する姿が克明に写っていた。

   この写真を見たネットユーザーが、河西さんがAKBの運営会社であるAKS社長の窪田康志氏の元に駆け寄り、共に窪田氏の自宅へ入っていったとする前号の写真と同じ路上で撮影されていることに気付いた。

   偶然同じ場所で大きなスキャンダル写真が撮れた、ということに不信感を抱いた人が多く、「これは何か裏があるに違いない」「河西の件もこのダブルスの件も時期的に宣伝臭がプンプンするわ」と、記事の信ぴょう性を疑う声が上がった。AKBファンからは「まったく同じ場所ワロタwww河西さんの記事は捏造濃厚だな」「もしかして全て仕込みだったのか」など、「前号のスキャンダルは嘘か」という期待の書き込みも出た。

伊藤英明は「AKBガチヲタ」説も

   しかし「撮影場所モロ被り」については、8日に発売された文春記事を読むと、ちゃんと「種明かし」されていた。

   記事によると、河西さんが窪田氏の自宅に入っていったという4月10日の0時頃からおよそ2時間後、泥酔したカップルが路上でキスするなどいちゃつきながら歩いている姿を、窪田氏の自宅前で張り込んでいた記者が目撃した。よく見ると、カップルの片割れが坂口さんであることに気付き、撮影するに至ったということで、「AKBの張り込み中に撮れちゃったタナボタスクープ」だったらしい。

   そもそも坂口さんと伊藤さんがこの路上に現れた理由は、伊藤さんと窪田氏に「馬主」という接点があり、文春によると、コンドミニアムタイプ(分譲マンション)である窪田氏の自宅の別フロアに伊藤さんが住んでいるという。この伊藤さんの部屋で、坂口さんカップルと伊藤さんの友人女性、さらにもう1人の男性が集まって飲酒するなどしていた、ということのようだ。

   「ねつ造スキャンダル」という可能性は低くなった上、AKBメンバーがよく出入りしているという窪田氏のマンションに伊藤さんも住んでいるということで、「伊藤さんとAKBメンバーに何かあるのかも」と心配するファンもいる。

   ちなみに伊藤さんは09年6月24日発売のAKBのシングル「涙サプライズ!」のプロモーションビデオに出演しているほか、東京・秋葉原の劇場やイベント会場などでの目撃情報があり、「ガチヲタ」ではないかと言われてきた。さらに「友人との会食の場にAKBメンバーらしき女性がいた」などと取りざたされたこともあり、AKBとは浅からぬ縁がある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中