敦賀原発2号機の真下、「活断層である」 報告書まとまる

印刷

   原子力規制委員会は2013年5月15日、日本原子力発電の敦賀原発2号機(福井県)の原子炉建屋の真下を通る破砕帯(断層)が「耐震設計上考慮する活断層である」とする報告書をまとめた。

   国の指針では活断層の真上に原子炉など重要施設の設置を認めていないため、同2号機は再稼動できず、廃炉に追い込まれる可能性が出てきた。

   敦賀2号機に関する評価会合は本日で終了。規制委は敦賀原発のほか、関西電力大飯原発(福井県)や東北電力、東通原発(青森県)など全国の原発6カ所で破砕帯調査を順次進める計画だが、原子炉直下に活断層があると認定するのは今回が初めてとなる。

   日本原子力発電は、問題の断層について来月までに断層の調査を終えるとしており、報告書では、「今後、新たな知見が得られた場合、(判断を)見直すこともあり得る」と書かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中