「招待された中国でわざわざ発言、非常に違和感」 菅長官が野中氏発言に不快感

印刷

   菅義偉官房長官は2013年6月5日午前の記者会見で、野中広務元官房長官が3日、訪問先の中国で「日中両国の間で尖閣問題を棚上げすることで双方に合意があったと当時の田中角栄総理から聞いた」と発言し、帰国後も発言を撤回しないとしていることに対し、「もう40年前のことですよね?それも伝聞で聞いたと。確たる根拠も示さないで、招待された中国でわざわざ発言すると、このことに対し私は非常に違和感を覚えているんですけれども、多くの国民も同じ思いなんだろうという風に思います」と不快感を示した。

   菅長官は4日「棚上げに合意した事実はない」と否定していたが、この日も改めて「合意した事実はないし、そうした問題は存在しない。歴史に基づき、客観的事実に基づいて発言した」と強調した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中