辛坊治郎さん救助費用は1000万円超? 自己負担すべきかを巡って論議

印刷

   ヨットで遭難したフリーキャスター辛坊治郎さん(57)らの救助費用は1000万円超などと報じられ、税金で賄うものなのか議論になっている。

「僕は本当にね、ああこの素晴らしい国に生まれたよねと…」

   救出されて会見に臨んだ辛坊治郎さんは、涙ながらにこう漏らすとともに、救助に多額の税金が使われたことを反省しなくてはいけないとも語った。

「自己責任はどうした?」「自衛隊の批判はもう出来ないな」

洋上に何か黒いものが?
洋上に何か黒いものが?

   実際、日本から1200キロも離れた太平洋上での遭難とあって、今回は救助も大がかりになった。

   2013年6月21日朝にヨットが浸水して救命ボートからSOSが発せられると、海上保安庁の航空機と巡視船がまず救助に出た。しかし、現場の波は荒く、海保からの災害派遣要請で、海上自衛隊も出動する事態になった。海上に着水して救助活動ができる救難飛行艇US-2が飛んだが、1回目は悪天候のために引き返した。そして、2回目の飛行でようやく成功し、日没間際に辛坊さんらを助け出した。

   自衛隊からは計4機が出動しており、各メディアの報道によると、燃料費だけでも少なくとも数百万円かかる計算だ。さらに人件費などを合わせれば、1000万円以上になった可能性が高いというのだ。

   海保や自衛隊の救助は税金で賄われ、辛坊さんらの自己負担はない。民間の漁協やチャーター船なら有料になるが、今回は1200キロも離れた洋上とあって、国が動くしかなかった。多額の税金負担について、ネット上では、「助かって何よりじゃね?」「別に望んで遭難したわけでもあるまいし」とする声もある。しかし、「自己責任はどうした?」「自衛隊の批判はもう出来ないな」などと疑問が相次いでいる。

   フジテレビ系「とくダネ!」では、成人男女100人に街角でアンケートしたところ、税金が使われることに賛成とした意見が61人だったが、反対も39人に上ったと、24日放送の番組内で明らかにした。

「24時間テレビ」との関係は否定

   ブログなどでは、辛坊治郎さんらの挑戦は、もともと無理があったのではないかとの指摘が出ている。

   特設サイトにある辛坊さんのブログでは、出航直前の2013年6月14日に、舳先に少量の漏水が見つかり、応急処置をしたと書き込まれている。これに対し、ヨット航海を企画したプロジェクトD2製作委員会の事務局が読売テレビ(大阪)内にあり、日本テレビ系であることから、日テレ「24時間テレビ」に合わせて出航を急いだのではないかとの憶測さえ出た。

   つまり、辛坊さんと一緒に航海した全盲のセーラーが太平洋を横断すれば世界初の快挙となるため、24時間テレビで感動を演出しようとしたのでは、というわけだ。

   プロジェクトD2製作委の事務局では、取材に対し、24時間テレビとの関わりについて、「まったく関係ありません」と明確に否定した。24時間テレビでの写真・映像の紹介なども予定されていなかったとした。

   読売テレビでドキュメンタリーを放映する目的でもなかったとしたが、放映が予定されていたかについては、「分かりかねます」と答えた。読売テレビの総合広報部に取材すると、「製作委が窓口ですので、そちらにお問い合わせください」とのことだった。

   遭難後に辛坊さんのブログが削除されて物議を醸したが、事務局では、「航海が続けられなくなったので、中途半端なものを公開するのはどうかと考え、いったん控えさせていただいています」と説明した。

   なお、特設サイト上に公開された浸水時の映像では、何か洋上にある黒いものにヨットが乗り上げた様子が映っており、事務局では、「クジラなどの生き物や浮遊物が衝突したことが考えられます」と言う。海上保安庁の広報室では、「映像を入手したばかりで、本人に聞かないとわかりませんので、原因はまだ調査中です」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中