米新車販売、13年上半期に782万台 リーマン前の水準にほぼ回復

印刷

   2013年上半期(1~6月)の米新車販売台数は、前年同期に比べて7.7%増の782万9141台となり、半期ごとの台数としてはリーマン・ショック以前の2007年上半期(約824万台)以来6年ぶりの高水準になった。米調査会社のオートデータが7月2日に発表した。

   同社によると、6月単月の販売台数を各月の営業日数などを考慮して年間の販売台数に換算すると1596万台になる。年間1600万台規模の新車が安定的に売れたリーマン・ショック以前の状態をおおむね回復した計算になる。

   市場をけん引したのは、大型車。小型車中心の「乗用車」が4.5%増にとどまったのに対し、大型車主体の「小型トラック」は11.2%増。小型トラックに分類されるピックアップトラックは15.1%の大幅増となった。

   大型車に強い米ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーターが好調。日本車はトヨタ、ホンダが伸ばし、スバルが健闘した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中