チャゲアスASKAの薬物報道を所属事務所が否定

印刷

   2013年8月1日発売の週刊文春に、音楽ユニット「CHAGE and ASKA(チャゲアス)」のASKAさんが深刻な薬物中毒で、薬物を吸引する様子を盗撮した暴力団関係者から脅されているという記事が掲載された件で、所属事務所「ロックダムアーティスツ」は同日、チャゲアスの公式サイトで以下のコメントを発表した。

「いつもCHAGE and ASKAを応援いただきありがとうございます。この度のASKAに関する一連の報道につきまして、ファンの皆さま、また関係各位に多大なるご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。報道の内容は事実に反しており、大変遺憾です。弊社としてはこれらの報道に対し、厳重に抗議いたします。皆さまには、今後も変わらぬ応援をいただきますようお願い申し上げます。」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中