SF大作「パシフィック・リム」監督は超オタク お台場ガンダムに感激、かしわ手を打って拝む

印刷

   ハリウッドのSF大作映画「パシフィック・リム」が2013年8月9日、日本で封切られた。総制作費約200億円、この夏屈指の話題作の1つだが、実はこの作品を手がけたギレルモ・デル・トロ監督が、大の「特撮・アニメオタク」だという。

   公開に合わせて来日したデル・トロ監督はさっそく「お台場ガンダム」や「秋葉原」などの聖地を訪問、子どものように大はしゃぎする姿が話題を呼んでいる。

マジンガーZ、ウルトラシリーズなどから影響

話題の映画「パシフィック・リム」ポスター (C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
話題の映画「パシフィック・リム」ポスター (C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

   「パシフィック・リム」は近未来を舞台に、破壊の限りを尽くす巨大生物「カイジュウ」たちと、人類が開発したロボット「イェーガー」軍団との戦いを描いたSF作品だ。米国などでは7月12日から公開され、興行収入は8日までに全世界で約285億円に達する。日本人女優の菊地凛子さん、また人気子役の芦田愛菜ちゃんも出演している。

   メガホンを取るデル・トロ監督はメキシコ出身の48歳、「ヘルボーイ」や「パンズ・ラビリンス」などのヒット作で知られる。そんな監督は、日本人顔負けのディープな「オタク」なのだとか。子どものころ、メキシコで放映されていたウルトラシリーズを見たことがきっかけだといい、今では自宅のほかにフィギュアなどを飾るための家2軒を持っているほど。日本メディアから「日本で行きたい場所」を聞かれ、「サブカルの聖地」中野ブロードウェイの名を即座に上げるなど、もはや筋金入りだ。

   「パシフィック・リム」にも、そうした日本特撮やアニメへのオマージュが多数盛り込まれている。巨大生物の呼び名が「カイジュウ(=怪獣)」なのはもちろん、ロボのデザインもわざわざ「日本アニメ好きのデザイナー」たちを集めて作らせたという。主人公ロボが撃つエルボーロケットにいたっては、「マジンガーZ」の「ロケットパンチ」そっくりだ。

バルタン星人との遭遇に「フォーフォッフォッフォッ!」

デル・トロ監督を感動させた「お台場ガンダム」(12年4月撮影)
デル・トロ監督を感動させた「お台場ガンダム」(12年4月撮影)

   そんなデル・トロ監督が、プロモーションも兼ねて8日以降相次いで日本のテレビに出演した。8日には、「めざましテレビ」(フジテレビ系)の企画でお台場観光に。「機動戦士ガンダム」シリーズを取り上げたテーマパーク「ガンダムフロント東京」に入るやいなや、展示された大量のプラモデルに喜色満面で、「全部ほしいよ!」。

   とりわけ、ダイバーシティ東京前にそびえたつ等身大ガンダム像、通称「お台場ガンダム」を目にすると、口元を押さえしばし絶句。目を輝かせながらガンダムを見つめたのち、

「アメイジング! マスターピース! 夢のようだよ……。ファット・オタク・ヘブン(なんというオタク天国だ)!」

とつぶやき、かしわ手を打って拝む感激ぶりだ。

   翌9日には、「ZIP!」(日本テレビ系)で、秋葉原のフィギュア店を訪ねる姿が放映された。店に入るとウルトラ怪獣「カネゴン」のフィギュアに「ビューティフル……!」とつぶやき、「カネゴンってどんな怪獣なんですか?」ときょとんとする女子アナに「ウルトラQに登場した怪獣で……」と解説するなど、ここでもオタクぶりを披露する。さらに番組の用意したゲストとして、やはりウルトラ怪獣「バルタン星人」の着ぐるみが登場すると、

「バルタンセーイジーン! フォーッフォッフォッフォー!」

とバルタン星人のモノマネをしながら、熱い抱擁を交わしていた。

   こうしたデル・トロ監督のはしゃぎぶりに、ツイッターなどでは「ちょう可愛かった」「これはなんとしてもパシフィックリムを観ねばならぬと思った」「本当に大ヒットさせたい」などといった声が相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中