パナソニック、個人向けスマートフォンの新規開発の休止を正式発表

印刷

   パナソニックは2013年度下期以降、個人向けスマートフォンの新規開発を休止することを、9月26日に正式に発表した。事実上の撤退といえ、今後は法人向け機種の販売に力を入れていく。個人向けスマホの休止に伴い、子会社パナソニックモバイルコミュニケーションズで働く約1000人の社員のうち9割強をグループの別部門に再配置する。

   パナソニックの2013年3月期の携帯電話事業は81億円の営業赤字だった。14年3月期はスマホを130万台販売する計画を立てたものの、4~6月の販売実績は10万台にとどまった。NTTドコモのソニー「エクスペリアA」と韓国サムスン電子「ギャラクシーS4」を重点機種とする「ツートップ」戦略から外れたことが響いた。

   すでにマレーシアの工場での生産を8月で終えている。法人向けスマホは、屋外などでの利用を想定した頑丈で堅牢性に優れた機種を開発する。

   一方、個人向けの従来型携帯電話(フィーチャーフォン)については、中国・北京市の工場での生産と、日本国内での販売は続ける。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中