SB新製品発表会が様変わり 「新機種」から「つながりやすさ」に軸足移す 

印刷

   ソフトバンクモバイルは2013年9月30日、13年冬~14年春商戦向けの新商品発表会を開き、多機能携帯電話(スマートフォン)4機種と従来型携帯電話(フィーチャーフォン、ガラケー)2機種を発売すると発表した。

   ただ、孫正義社長がプレゼンテーションで多く時間を割いたのは、端末よりもネットワークの品質について。端末で他者と差別化するのは、もはや困難だとみているようだ。

端末の説明が10分強に対してネットワークの話は23分以上

終始「つながりやすさ」を強調した発表会になった
終始「つながりやすさ」を強調した発表会になった

   孫社長は発表会冒頭、NTTドコモの「ツートップ戦略」を例に、

「商品を絞り込んで世に出していく時代になった」

と多くの機種をリリースして競争する時代は終わったとの見方を示した上で、

「時代は、2~30種類という端末を競い合って数多く出すというよりは、ネットワークの優劣を競争していく時代になったと言っても過言ではない」

と述べた。この方針は孫社長のプレゼンテーションの時間配分にも反映され、ネットワークの品質に関する説明には23分以上を費やしたのに対して、スマホ4機種にかけた時間は約7分、ガラケーに至っては4分にとどまった。

   ネットワークの品質で孫社長が終始強調したのが「つながりやすさ」。孫社長の説明によると、全国JR・私鉄乗降客数上位1000駅で、携帯電話3社のiPhone5cを使って接続テストを行ったところ、837駅でソフトバンクが最もつながりやすかったという。

   MMD研究所やカカクコムといった第3者による調査でも同様の結果が出ていることを紹介しながら、孫社長は

「ソフトバンクがウソを言っている、という人は自ら調べてみて欲しい」

と主張した。

シャープ製新機種は画面の「ふち」の部分を小さくしたのが特徴

   今回発表されたスマホは4機種ともグーグル社のOS「アンドロイド」を搭載し、強化型のデータ通信「ハイブリッド4G LTE」に対応している。特にAQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) 302SH(シャープ製)は、画面の「ふち」の部分を小さくし、世界で最も画面の比率が大きいのが特徴。だが、「主役」とはほど遠い様子で、孫社長の口からは「iPhone」という言葉が多数出た。NTTドコモがiPhone販売に参入したことについては、

「(ソフトバンクがつながりにくいとされた)4年前なら壊滅的な打撃を受けていた」

としながらも、その後のネットワークの改善を理由に、

「我々のネットワークが不満でドコモさんに流れていくというリスクは、ほとんどなくなった」

と分析。影響は限定的だとみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中