3・11、4・11以来の被害 度重なる地震でダメージが蓄積【福島・いわき発】

印刷
news_p185437_1.JPG

   「2階は本棚も倒れていたでしょ、ちゃんと見たの?」。カミサンの顔がけわしくなる。わが家の地震被害のことだ。言われればその通り。階段から南と北の部屋をチラリと見ただけだった。南の部屋の本棚は確かに倒れてはいなかったが、北の部屋は倒れて中がぐちゃぐちゃになっていた(=写真)。壁にさえぎられて見えなかったのだ。


   9月20日未明にいわき市を震度5強の地震が襲った。2011年4月11、12日と連続した、いわき市南部の山間地を震源とする直下型地震と同じだった。わが家や近所、図書館などの被害状況について、20日、21日と小欄で触れた。わが家の2階は「本棚こそ倒れなかったものの、本がなだれ落ちていた」とも書いた。


   その2階が重症だった。北の部屋はなだれ落ちた本が入り口をふさいでいる。南の部屋も資料を並べて置いたボックスが倒れていた。クリアファイルから資料が飛びだして、わけがわからなくなっているに違いない。3・11のときがそうだった。


   いわきは3・11と1カ月後の4・11、翌4・12に震度6弱を経験した。5強は2011年9月29日以来2年ぶり、3・11後は5だけでも「弱」を含めて9回目だ(福島地方気象台調べ)。


   わが家の南隣に義弟の家がある。度重なる地震でダメージが蓄積されていたのだろう。アパートに接する西側のブロック塀が、上から2段ほどアパート側に倒れていた。生け垣にさえぎられていたので、アパートの大家さんに指摘されるまでわからなかった。


   わが家の近辺では、こうして家の内外で3・11、あるいは4・11以来の被害が出たのではないだろうか。市役所に「災害ごみ」の相談をしないといけなくなった。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中