都心で30度を記録 最も遅い真夏日に

印刷

   気象庁によると2013年10月11日午後1時過ぎ、東京都心の気温が30度ちょうどに達した。1875年に統計を取り始めてから最も遅い真夏日となり、これまで最も遅かった1915年10月9日の31.3度という記録を塗り替えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中