特産品食べ過ぎて「くまモンの赤いほっぺが落ちた」 蒲島知事が紛失騒動「種明かし」

印刷

   熊本県の蒲島郁夫知事は2013年11月5日都内で会見し、「営業部長」として人気のくまモンが、トレードマークの赤いほっぺをなくした「事件」について説明した。蒲島知事の説明によると、「美味しい熊本の食べ物を食べたくまモンが、実際に大切なほっぺを落としてしまった」。

   くまモンの赤いほっぺや、トマトやイチゴといった赤色が鮮やかな特産品を通して「赤」を熊本県の統一ブランドイメージとして発信していく考えだ。

子どもは「こんなのくまモンじゃない!」と悲鳴

熊本特産のトマトをPRするくまモン(左)。中央は蒲島郁夫知事、右側がスザンヌさん
熊本特産のトマトをPRするくまモン(左)。中央は蒲島郁夫知事、右側がスザンヌさん

   ほっぺ紛失は、10月29日、熊本市内の交流スペース「くまモンスクエア」で発覚。見学に来ていた子どもたちは、

「こんなのくまモンじゃない!」

といった悲鳴をあげた。

   翌10月30日に開設された特設サイトの動画では蒲島知事が「ほっぺあってこそのくまモン」と、沈痛な面持ちで捜索への協力を呼びかけた。渋谷の街頭ビジョンや東京ドームシティーの観覧車などを使い、首都圏で3日間にわたって大々的に「捜索活動」が行われた。

   11月2日に公開された動画では、トマト畑やスイカ畑で「ほっぺ」が見つかったことが明らかに。騒動は一応の収束をみた。

トマトやイチゴの「赤」をブランドイメージとして発信する

   12月から2月の冬の時期に東京で流通しているトマトのうち4割が熊本産でトップシェアを誇る。熊本産のスイカは生産量日本一で、イチゴは第3位。天草のマダイも、養殖マダイとしては全国2位の生産量を誇る。これらに共通するのは「赤」。蒲島知事は、

「前代未聞の大事件を通して、熊本に大切な『赤』があることを皆さんにお伝えしたかった」
「赤いほっぺをなくした時のくまモンの落胆ぶりは、『もし熊本の赤い素晴らしいものがなかったら…』という県民の思いに通じている」

と、騒動がキャンペーンの一環だったことを種明かし。くまモンも、

「お騒がせしてゴメンなさいだモン。一緒に探してくれて本当にサンくま!」

と頭を下げた。

   特設サイト「赤いけん!ウマいけん!くまもと!」を通じて「赤」をPRするほか、14年1月には東京・丸の内でレストランフェアを開く。

   会見には熊本県出身で「宣伝部長」を務めるタレントのスザンヌさん(27)も出席。14年1月に出産を控えるスザンヌさんも、

「たくさん熊本の『うまかもん、赤かもん』をたべてもらって、元気にすくすくと育ってほしい」

と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中