「小突かれてけがした」と因縁つけ脅迫 エスパー伊東さんから630万円脅し取った男逮捕

印刷

   タレントのエスパー伊東(本名:伊東万寿男)さん(52)から現金を脅し取ったとして、警視庁志村署は2013年11月8日、住所不定・無職の佐々木悟容疑者(29)を恐喝の疑いで逮捕した。

   逮捕容疑は13年10月、伊東さんが住む東京・板橋区のマンションを2度にわたって訪れ、「22万円払わなければ仕事に行かせないぞ」などと脅迫し、現金16万円を脅し取った疑い。11月5日に伊東さんが警視庁に相談したことで発覚した。容疑者は「16万円を脅し取ったことに間違いない」と容疑を認めているという。

   伊東さんが報道陣の取材に明かしたところによると、伊東さんは11年12月、自宅近くの飲食店で見ず知らずの容疑者から「今小突いただろ。(警察に)これを届けたら大変な事件になる」などと言い掛かりを付けられた。翌日には「殴られたせいで転んで両足をけがした」と主張され、それをそのまま信用してしまったという。

   その後も毎月給料日に自宅に来て、「殴られたことをマスコミに流すと仕事できなくなるぞ」などと言われ金を脅し取られていた。被害総額は2年間で630万円にものぼるという。「時間帯にかまわず夜中来たりする。1回居留守を使ったらばれて、ベランダから入ってきた」と、被害の状況についても詳しく明かした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中