大卒初任給19万8000 円となり2年連続で低下

印刷

   厚生労働省は2013年11月14日に13年の「賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を発表した。大学卒の男女の初任給は、前年比0.8%減の19万8000 円。高卒の男女は同1.2%減の15万6000 円だった。大卒、高卒共に2年連続で下がった。

   景気が回復しているとされるなかで初任給下がったのは、比較的賃金が安い中小企業での採用が活発化したため、平均が下がってしまったのが原因という。この調査は10 人以上の常用労働者を雇用する民間事業所の中で新規学卒者を採用した14,321 事業所の13年6月分を集計した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中