島倉千代子さんの遺作が発売 ファンから1000件以上の問い合わせ

印刷

   2013年11月8日に75歳で死去した歌手の島倉千代子さんが、亡くなる3日前にレコーディングした新曲「からたちの小径(こみち)」が、12月18日に日本コロムビアから発売される。

   「歌手生活60周年記念曲」として、島倉さんが南こうせつさんに作曲を依頼した。当初、11月15日にレコーディングを予定していたが、島倉さんの希望で急きょ5日に変更。自宅でレコーディングを済ませ、その3日後に亡くなった。

   14日の葬儀・告別式で歌声が披露され、同社にはファンから1000件以上の問い合わせが来ているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中