モー娘。ブーム再来のはずだったのに… ハロプロファン、紅白全滅に落胆と怒り

印刷

   第64回紅白歌合戦の出場者が2013年11月25日に発表された。「アイドル戦国時代」と呼ばれる現代を表すように、白組、紅組ともにアイドルグループの出場が目立つ。

   そんな中、モーニング娘。をはじめとするハロー!プロジェクト(ハロプロ)のアイドルは出場ならなかった。13年は特に「モー娘。人気再燃」などと盛り上がっていたこともあり、ファンは落胆し、他のアイドルに怒りをぶつけるような人もいる。

「一枠ハロプロに譲って」「国民にケンカ売ってんの?」

NMB48の初出場で48系列が3枠に(13年11月25日撮影)
NMB48の初出場で48系列が3枠に(13年11月25日撮影)

   13年の紅白歌合戦は、白組は嵐、関ジャニ∞、SMAP、Sexy Zone、TOKIOとジャニーズから5グループ、EXILE、三代目 J Soul BrothersとLDHから2グループ。紅組はE-girls、AAA、Perfume、ももいろクローバーZと、48系列からAKB48、SKE48、初出場のNMB48が出場する。アイドルグループは全51組中14組と、かなり高い割合だ。

   しかし、アイドルが名を連ねる出場歌手発表の中に、ハロプロ勢の名前はなかった。

   発表後、ネット上では落胆するファンが続出。「落選、、、そんな、、、」「まじおわった」「残念だなー、いつも頑張ってるメンバーの姿を見てるから辛い」などと書き込まれた。

   48系から3グループということに腹を立てたハロプロファンも多いようで、「正直一枠ハロプロに譲ってほしかった」「3つも出るとか国民にケンカ売ってんの?」「秋元組出しすぎ 共感する人はNHKにクレーム入れようぜ!」など、憤りの書き込みも目立つ。

1月には「紅白が目標」明言していた

   モー娘。は1998年、デビューした年の紅白に初出場し、2007年まで10年連続で出場した。01年には松浦亜弥さん、02年は藤本美貴さんと松浦さん、03年は後藤真希さんと松浦さん、04年は後藤さんと松浦さんのユニットが別枠で出場し、「ハロプロで複数枠獲得」も成し遂げたが、05年から複数ユニットで1枠になり、08年にはついに「全滅」となった。

   紅白から長らく遠ざかっていたが、13年は「モー娘。ブーム再来!」と盛り上がった年だ。1月のイベントでメンバーの鞘師里保さんが「今年の目標は紅白」と明言すると、それを後押しするかのように、同月発売のシングル「Help me!!」が3年8か月ぶりにオリコン週間ランキングで首位を獲得。4月、8月に出したシングルも立て続けに首位に輝いた。マツコ・デラックスさんらファンを公言する有名人が増え、8月は6年ぶりにテレビ朝日系「ミュージックステーション」出演も果たした。

   ℃-uteやJuice=Juiceなど他ユニットの躍進もあり、ハロプロ界隈の盛り上がりは確かだった。ファンが近年にない期待を抱いていた分、落胆も大きかったのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中