問題発言で活動自粛のアニソン作曲家・菊地創が復帰

印刷

   ツイッターで問題発言を繰り返したことが原因で活動を自粛していた、音楽ユニット「eufonius(ユーフォニアス)」の菊地創さん(34)が2013年11月25日、ユーフォニアス公式サイトの活動レポートで久々に姿を見せた。

   菊地さんは9月の福岡でのイベントでステージ復帰は果たしていて、12月発売のゲーム主題歌で楽曲制作も再開した。現在は約2年半ぶりとなるオリジナルアルバムを制作しているという。「やはりeufoniusの楽曲制作&レコーディングは自分にとってとても特別で幸せな時間であることを日々実感しております。素敵な作品をお届け出来るよう、残りのレコーディングも思いっきり楽しみたいと思います!完成をどうぞお楽しみに!」と意気込んでいる。

   菊地さんは歌手の桃井はるこさんのツイートに「しょうもない」と絡んだり、「最近バカ多過ぎて笑える」など過激な発言を繰り返したりしていたことが問題となり、12年9月からユーフォニアスとしての活動を自粛していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中