番組で「差別表現」NHKに賠償命令 東京高裁

印刷

   日本の台湾統治を検証したNHKの番組で差別的な表現が使われ、名誉を傷つけられたとして台湾の先住民の女性らがNHKに対して損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は2013年11月28日、NHKに100万円を支払うよう命じた。

   2009年にNHKが放送した番組内で、1910年にロンドンで開催された博覧会に参加した台湾の先住民が「人間動物園」に展示されたと紹介。判決では、この表現が人種差別的で先住民の子孫を侮辱したものとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中