修学旅行で教師がコンドームの付け方を教えた! ミッツの「塾高時代」は本当なの?

印刷

   女装家のミッツ・マングローブ(38)さんが、ラジオ番組で高校時代の修学旅行の思い出を語った。その内容は高校生の年代にしては刺激的なもので、修学旅行前に先生がコンドームの付け方を教えていたという。

   その理由を「止められないのよ」と説明し、また北海道での自由行動で歓楽街のすすきのに行く生徒もいたことを明かした。

「かわいげのある高校じゃないのうちは」

   ミッツさんが発言したのは、2013年11月27日放送の「小島慶子&ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)でのことだ。ミッツさんと小島さんの2人が「台本なし」で話すラジオ番組。

   リスナーからの修学旅行に関するメールをきっかけに、2人は高校時代の思い出を語り始めた。「うちなんて男子高で受験がないから、毎年行くんだよ修学旅行」というミッツさんは、「1年生東北、2年生北陸、3年生は北海道って。北を攻めなきゃいけなくって。ちょーめんどくさかった」と振り返る。

   ミッツさんは徳光和夫アナの甥っ子で、慶応義塾高等学校・慶応大学法学部出身だ。慶応義塾高等学校は、1学年約700人の男子校で、約半数が普通部・中等部を卒業した生徒、残りが外部受験の生徒で構成されている。ほとんどの生徒が大学受験をせずに、慶応大学に進学することができる。中学や高校受験の偏差値は首都圏でも飛びぬけて高く、難関高として有名だ。

   一方、幼稚舎からはエスカレーター式に進んでいけるため、内部生には大企業経営者や政治家、芸能人などの一族も少なくない。「幼稚舎→普通部→塾高(慶應義塾高校)→商学部」というルートをたどった、みのもんたさんの二男はその典型例だった。

   そんな独特の特徴がある同校は、修学旅行が多くの学校のものとは、だいぶ異なっていたようだ。番組中の小島さんの「しおりとかで持ち物チェックとかする?」という問いかけに、ミッツさんは、

「そんなかわいげのある高校じゃないのうちは。20年以上前だからいいけど、修学旅行に行く前にコンドームの付け方とか先生が(教えていた)。もう、配る勢いよ」

とぶっちゃけた。

「すすきの」と「ウニ丼」で2班に分かれる

   「なんで?」と驚く小島さんに対して、その理由を「止められないのよ。(バス)ガイドとかすごいじゃん。慶応の高校生来たなんていったら北陸のガイドなんかうはーって来るのよ。すごかったの。昔はね」と説明した。

   さらに、バスガイドで「人生の皮きり」を体験することも通過儀礼として一般的にあるといい、

「うちが圧倒的に多いのは、3年生のとき最後の自由行動がすすきのなのよ。そうしないと、何しでかすかわかんないからもう、目をつぶるんだよね」

と話した。北海道では歓楽街・すすきのへ遊びに行く人らと、ウニ丼を食べに行く人らの2班に分かれていたという。

   ただし、「昔よ。今は違うよ。これ以上なんか寄付金よこせって言われたらイヤだからね」と、冗談交じりに現在は事情が異なることを強調し、この話題の最後に「ほんとごめんなさい。謝っとこ」と付け加えた。

   ネットでは、「KO高校出身者からいろいろ聞きましたがあながちウソではない模様」という声がある一方で、「嘘にも程があるよ。ダメこいつ」とまったく事実と異なるというツイートも出た。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中