西武ドラフト1位の森智哉捕手 人命救助でJRから感謝状

印刷

   プロ野球の西武ライオンズにドラフト1位指名された大阪桐蔭高校3年の捕手、森智哉さん(18)がJR新今宮駅(大阪市浪速区)で線路に転落した男性をチームメートとともに救助したとして、JR西日本から2013年12月9日に感謝状を贈られた。

   各報道によると、森さんは11月16日朝にチームメートの久米建夫さん(18)と登校中に、つえをついた70代の男性が新今宮駅のホームから線路に転落するのを目撃した。2人は線路に降り、協力して男性をホームに抱え上げた。男性は病院に運ばれたが、軽傷だった。

   2人は名乗らずに登校したが、持っていたバッグから同校野球部だとわかり、JR西日本が学校に問い合わせた。感謝状を贈ったJR西日本大阪支社の担当者は「甲子園のチームプレーを思わせる」と2人をたたえていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中