こだわりのプレミアムビール、熱き戦い ビール2強アサヒ、キリンが本格参入

印刷

   価格が割高な「プレミアム(高級)ビール」市場がヒートアップしてきた。業界最大手のアサヒビールが、ギフト専用だった「ドライプレミアム」を2014年2月から通年販売すると表明したのが直接のきっかけだ。他方で、低価格を売りにシェアを拡大してきた「第3のビール」は失速している。アベノミクスによる景気回復を追い風に、成長が見込める高級ビール市場で各社がしのぎを削る。

   ビール市場全体の1割程度を占める高級ビール。原材料や製法にこだわっているのが特徴で、店頭価格は通常ビールに比べ1~2割高い。サントリー酒類の「ザ・プレミアム・モルツ」とサッポロボールの「エビス」が2強で、キリンビールとアサヒビールのシェアはわずかだった。

高成長が見込めるのは、高級ビール市場

いま、ビールが熱い
いま、ビールが熱い

   そこに本格参入するのが、アサヒの「ドライプレミアム」。2013年6月、麦芽と醸造行程にこだわり、金色のパッケージでギフト専用として登場した製品だ。お中元シーズンだけで発売当初目標の約2.7倍に当たる189万セットを販売するなど好評だった。14年2月からは、アルコール度数を5.5%から6%に高め、「贅沢なコクとキレ」を向上させて通年販売する。

   アサヒが高級ビール市場開拓へ腰を上げたのは、ビール系飲料市場(ビール、発泡酒、第3のビール)の構造変化がある。少子高齢化や若者のビール離れを背景に、市場全体は縮小傾向。その中で「清涼飲料並み」の低価格を実現した「第3のビール」が急成長してきた。サッポロの「ドラフトワン」が全国発売された2004年以降、各社とも開発・販売に力を注いだ結果、味はビールに近づき、家庭での「晩酌ビール」は第3のビールに置き換わった。

   ところが、ここへきて第3のビールは失速している。2012年の課税出荷量は前年比1.1%増の1億5501万ケースにとどまった。唯一、高成長が見込めるのは、高級ビール市場で、こちらは前年比5%以上の成長が続くとみられている。アベノミクスによる景気回復基調も追い風。キリンも、セブン-イレブン限定だった「グランドキリン」を全国のコンビニに拡大し、販売拡大を急ぐ。

シェアトップはサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」

   この高級市場で約6割のシェアを握るのは「ザ・プレミアム・モルツ」。1989年に樽・瓶で限定発売した「モルツ・スーパープレミアム」が前身で、2003年にブランド名を変更して以降、右肩上がりで販売を伸ばしている。飲食店に対し定番の「モルツ」からの切り替えを促した効果も大きかった。

   一方、シェア3割のエビスは、戦前の「恵比寿ビール」を1971年に「エビスビール」として復活させたのが始まり。1994年に「エビスビールあります。」の広告キャンペーンを開始し、一気にブランドを確立した。

   もっとも、全体のパイが増えない以上、同一社内の既存ブランドとの「食い合い」になることも想定される。そこで、アサヒは定番の「スーパードライ」の製法を刷新。キリンも主力の「一番絞り」をリニューアルした。味を進化させることで、既存ブランドを大きく減らさずに、他社の顧客を奪おうという狙いだ。迎え撃つサントリー、サッポロも高級ビールを強化する方針で、大手4社入り乱れた激しい販売競争が展開されそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中