2014年はさらなる「円安株高」! 経済専門家「株価2万円、1ドル110円超」予測も

印刷

   安倍内閣の経済政策「アベノミクス」の効果で、円相場は2013年の1年間で2割超も円安ドル高に振れ、そのおかげで株式市場も日経平均株価が6割超も上昇した。

   2014年もこの勢いを持続してほしいが、相場の格言には「辰巳天井、午尻下がり」がある。干支の辰年と巳年の株式相場は天井になりやすく、午年は前半は高くても後半には安くなる傾向があることを意味する。専門家らはどう予測しているのか――。

消費増税の影響軽く、株価6月末に1万5000円~1万6500円見込む

2014年はさらなる「円安株高」を予測するが…
2014年はさらなる「円安株高」を予測するが…

   2013年12月30日の東京株式市場は、幅広い銘柄に買いが入り、日経平均株価は前営業日(12月27日)に比べて112円37銭高の1万6291円31銭で取引を終えた。終値で13年の最高値を7営業日連続で更新。年末の水準としては7年ぶりの高値となった。

   この日は円安が一段と進んだことを好感し、自動車や電機といった輸出関連株が値上がりしたほか、景気の回復期待から銀行や不動産など内需の大型株も上昇した。アベノミクスによる円安進行を追い風に、日経平均株価は12月25日に終値で6年ぶりに1万6000円台に回復。13年の年間上昇率は56.7%とバブル期を上回り、1972年以来の高い伸びを記録した。東証1部の時価総額は458兆円と、12年末から162兆円も増えた。

   2013年の日本株は高値で1万1000円~1万3000円と予測していた専門家が多かったが、それをはるかに上回ったのだから、まさに絶好調の1年といっていいだろう。

   とはいえ、そんな株高ムードに水を差すとみられるのが、2014年4月の消費税率の引き上げ。増税後に個人消費が冷え込んで景気や企業の業績が再び低迷。また、増税しても日本政府の借金が膨らんで財政再建が遠のくリスクが表面化すれば、これまで日本の株高を支えてきた外国人が売りに転じる可能性が高まる。

   一方、米国の景気回復が鮮明になれば、量的緩和の縮小ピッチも速くなるとみられることから、大きな株価上昇は期待しづらくなる。

   ただ、楽観的な見方もある。消費増税によって一時的に個人消費は冷え込むが、財政再建が進むことで外国人が日本株を買ってくる、との期待がある。米国の量的緩和の縮小は米金利の上昇を招き、日米の金利差の拡大から為替相場は円安ドル高に振れる可能性が高まる。さらに日本銀行による「異次元の金融緩和」の第2弾があれば、「ポジティブ・サプライズ」(みずほ証券)となって、ますます円安ドル高が進むことが予想される。

   みずほ証券は、日経平均株価は引き続き1月も上昇すると予測。消費増税をにらみ、2月は一進一退を見込むが、消費税の引き上げに伴う国内総生産(GDP)のマイナス成長は4~6月期だけにとどまると判断。7月以降は順調な回復軌道に乗るとし、日経平均株価は14年6月末に1万6500円、14年末には1万7000円程度に上昇する、と予想している。

14年は「午尻上がり」 年末は1万8000円

   野村証券エクイティ・リサーチ部チーフストラテジストの田村浩道氏は四半期ごとの日経平均株価のターゲットを、14年3月末が1万6000円、6月末が1万5000円、9月末には1万6000円に回復。12月末は1万8000円に設定している。

   1~3月期は海外機関投資家の買い越し額が目立って多くなる時期にあたるほか、1月にスタートする少額投資非課税制度(NISA)も意外と大きな押し上げ効果になりそうなので、現在想定している3月末1万6000円を超えて値上がりすることもあり得る、という。

   4~6月期は消費増税の影響を勘案して下落するが、「心理的な部分にとどまる」と予測する。

   一方、英バークレイズは2014年の日経平均株価を、1996年以来の水準となる2万2000円台へ押し上げる、とみている。

   トムソン・ロイターがエコノミストやストラテジストなどを対象に実施した2014年相場見通しアンケート(33人が回答)によると、2014年末にかけて株高が一段と進むとの予想が多かった。日経平均株価の高値予想で一番多かったのは、足もとの水準から2000円高い1万8000円。安値は1万4000円。高値を付ける時期は12月が10人と最も多く、年末高を見込む声が目立った。一方、安値は1月と6月がともに6人だった。

円相場は1ドル「110円超」を予測

   為替相場も「円安ドル高」が続きそうだ。みずほ銀行国際為替部は、日銀の「追加金融緩和」の観測があるほか、2013 年通年の貿易赤字が1~11 月累積で10 兆円超とすでに過去最大で、通年での経常黒字こそ確保するものの、「円高にならない理由」として貿易赤字は無視できないとしている。しいて円安見通しのリスクをあげるとすれば、「日本株の高値警戒と日銀の金融政策だろう」。マーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏は、14年の予想レンジを1ドル98~110円と予測する。1ユーロは131~146円。

   また、野村証券は14年6月末が1ドル106円、1ユーロ138円。12月末は1ドル110円、1ユーロ132円と予測する。

   マネックス証券の村上尚己チーフ・エコノミストは、「米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和の縮小はスムーズに進み、長期金利も上昇、為替市場ではドル高地合いが強まる。日本でも脱デフレの動きは続くが、日銀は金融緩和の強化に踏み出す。米国と日本の金融政策の差が、為替市場でさらなる『ドル高円安』を後押しする」とし、2014年後半には「110円を超える円安が予想される」という。

   外為どっとコム総合研究所の神田卓也調査部長は、予想レンジを1ドル99.5円~115円、年末には113円と予測する。

   トムソン・ロイターが行った主要企業へのアンケート調査(38社が回答)によると、ドル円相場について22社(57.9%)が、足もとより6円ほど円安ドル高水準の1ドル110円以上とみている。最高値は120円だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中