「ウーマンラッシュアワー」に志村けんが苦言 早口で「何を言ってるか全然分からない」

印刷

   日本で最も面白い漫才師を決める「THE MANZAI」の2013年王者に輝いた「ウーマンラッシュアワー」が、大御所芸人・志村けんさん(63)から思わぬダメ出しをされてしまった。

   志村さんは2014年1月3日放送のラジオ番組でコンビのネタに触れ、「何を言ってるか分からない」などと辛らつなコメントを寄せた。

「お客さん、分かってウケてるのかな?」

   ボケ担当の村本大輔さんとツッコミ担当の中川パラダイスさんによる「ウーマンラッシュアワー」は、年末の「THE MANZAI 2013」で1885組の頂点に立った人気お笑いコンビだ。村本さんのまくしたてるような早口が売りで、スピード感のある漫才が観客を巻き込み、爆笑を誘う。THE MANZAIでは、審査員のテリー伊藤さんから「ツービート(編注:ビートたけしさん、ビートきよしさんによるお笑いコンビ)以来の衝撃」とも絶賛された。

   そんな乗りに乗っているコンビのネタに、芸歴40年以上の志村けんさんが難色を示した。自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「志村けんの夜の虫」(TBSラジオ系)でウーマンラッシュアワーについて言及し、開口一番に「あいつら、何なの?」とコメントしたのだ。「全然、何言っているか分からないの。お客さんはウケてるんだけど、分かってウケてるのかな?」などと話し、ネタの内容が聞き取れないと主張した。

早口ネタにより集中して聞いてもらえる効果も?

   その後、枡田絵理奈アナウンサーが「ついていくのは必死ですけど、一応言っている内容はわかります。面白いなって思います」と擁護したが、志村さんは「マイクで言ってるんだけど、分からないのよ」「喋って、最後にしたり顔するんだけどね」などと困惑気味だ。最後には「あれがTHE MANZAIで優勝したとなると、もうターゲットは中高生だけだな」「ゆっくりわからせた方が、笑えると思うけどな」「ほんと正直、俺たちの年代は笑えない」と辛口評価を下した。

   実際、ネタ中の村本さんのしゃべりは超がつくほど高速なため、聞き取りやすいものではないのは確かだ。その点については本人も認識しているようで、たとえば「バイトリーダー」を扱ったネタでは「おじいちゃんおばあちゃんの前でこの漫才をこのスピードでやったら、アンケート用紙に思いっきりでっかく『?』って書かれた」「おじいちゃんおばあちゃんからしたら英語のほうがまだましかもしれない」などと話し、笑いを誘っている。

   しかしその一方、早口ならではのメリットもあるようだ。先のバイトリーダーネタは今では傑作として名高いが、もともとはゆっくりとした口調だったのだという。それを早口にした理由について、村本さんは「サラリーマンの宴会で営業をやっていたときに、お客さんが全然聞いてくれなくて。(中略)それでものすごい早口でネタをやったら、みんなが聞こう としてシーンとなったんですよ」とシネマトゥデイのインタビューで語っている。早口は、情報量の多いネタをお客さんに集中して聞いてもらうための策なのかもしれない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中