中国人富豪、NYタイムズ買収は本当か 単なる「売名行為」という見方も

印刷

   アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏がワシントン・ポストを買収するなど、アメリカメディア再編が進んでいる。経営難に苦しむニューヨーク・タイムズ紙に対しても、買収に意欲を示す人が現れた。

   ところが、どうやらその人物は相当変わった人物らしい。陳光標という中国人の大富豪で、現金をばら撒くなど過激なチャリティー活動で知られるほか、尖閣諸島に関する意見広告をニューヨーク・タイムズに出したこともある。買収は本当に行われるのか。

「破産のリスクも冒すこともためらわない」

NYタイムズ買収に意欲を示す陳光標氏
NYタイムズ買収に意欲を示す陳光標氏

   陳光標氏は2014年1月5日、「ニューヨーク・タイムズを買収するつもりだ。どうか冗談と思わないでほしい」という題で環球時報(Global Times)に寄稿した。「釣魚島は太古以来、中国の一部だ」と、尖閣諸島の支配権を主張する広告を出した2012年から、買収を考えていたという。

   「ニューヨーク・タイムズの伝統とスタイルが、中国についての客観的な報道を困難にしている」と、中国報道の論調について独自の主張を展開し、「もし買収できたら報道のトーンを変えられるかもしれない。だから同志の投資家とともに買収に関する議論を深めている」としている。

   同社の買収額を10億ドルと見積もり、香港の企業家に6億ドルを出資するよう説得したという。「破産のリスクも冒すこともためらわない」とまで発言した。

   だが、ニューヨーク・タイムズ側は買収を否定しているうえ、同社を支配するオックス・サルツバーガー一族が以前から「売りに出さない」と明言していることから、陳光標氏による買収は難しそうだ。同社の株はクラスAとクラスBに分かれていて、一族が議決権の多いクラスB株のほとんどを所有している。

   また陳光標氏は冗談ではないことを強調しているが、これまでの奇抜な活動などから単なる「売名行為」と見る向きが強い。「チャリティーモンスター」とも呼ばれる陳光標氏は、災害などが起こるたびに金に物を言わせたド派手なパフォーマンスで、メディアを騒がせてきた過去がある。

「空気缶」を売る男

   陳光標氏はリサイクル事業で財を成した実業家で、札束を積み上げ台湾の貧民層に現金を配ったり、東日本大震災の被災地でポーズを決めながらボランティア活動をする様子を大々的にアピールしたりしてきた。日本のネットでも「自己顕示欲強すぎだろw」「ここまで露骨だと面白いなww」とたびたび話題になっている。

   中国で反日デモが発生して日本車が破壊される被害が出た際には、自腹で中国製の車を43台贈呈したこともあった。贈呈式には鮮やかな緑色のスーツ姿で登場し、車の屋根に乗って歌を上機嫌で熱唱した。

   PM2.5による深刻な大気汚染問題に対しては、「新鮮な空気の缶詰」を23万個無料配布したことでも注目された。台湾や新彊などで採取した空気を330ミリリットルぐらいの缶につめたもので、パフォーマンスで効果があってか10日間で4~5元(約60~75円)の缶が800万個売れたという。

   ニューヨーク・タイムズ買収について中国出身の評論家・石平氏はツイッターで、

「どうやらこの話はただのホラ吹きの可能性が大。中国国内では早くも笑い話となっている」

と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中