JR北海道・坂本相談役が自殺か 3年前にも社長が自殺

印刷

   JR北海道の坂本真一相談役(73)が北海道余市町の余市港沖で2014年1月15日に遺体となって見つかり、自殺の可能性が高いと新聞各紙に報じられた。

   報道によると、目立った外傷などはなかったといい、道警が死因を調べている。坂本相談役の秘書がこの日、自宅に迎えに行ったものの姿が見えず、所在が分かっていなかった。坂本相談役はJR北海道の社長も務めたが、相次いだ事故や不祥事と自殺との関連については不明だ。

   なお、JR北海道では、3年前にも、当時の中島尚俊社長が小樽市沖で遺体で見つかっており、これも自殺と報じられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中