焼き肉で出会うサービスがオープン ホリエモンプロデュースで話題に

印刷

   友達などのペア同士がスマホのサービスを通じて出会い、焼き肉を食べながら仲良くなる――。そんなサービスを元ライブドア社長の堀江貴文さん(41)がプロデュースして話題だ。

   「肉好きな大人たちが集う、ソーシャル部活動」。サービスは、こんなキャッチフレーズで、2014年1月14日にスマホのアプリ「焼肉部」としてオープンした。

ビジネスや趣味、近所付き合いにも利用

サービスのPRサイト
サービスのPRサイト

   ネットメディア運営会社「部活動」が手がけており、基本的な利用は無料だ。

   フェイスブックにアカウントを持つ20歳以上なら、サービスを利用できる。サービス加入者を探すか、新たに招待するかしてペアを作ると、一緒に焼き肉を食べる候補のペアが1日1組紹介される。気に入ったペアが見つかれば、このペアにオファーし、マッチングが成立すれば、日程や店舗などを決める仕組みだ。

   ただ、1日にもっとペアを紹介してもらうには、1組当たり500円を支払う。

   サービスでは、異性同士ばかりでなく、同性同士などでの食事も想定している。男女の出会いばかりでなく、ビジネスや趣味、近所付き合いなど幅広く利用できるのが特色だという。

   実名を前提としたフェイスブックを使っており、友達なども事前にリサーチできるので、安心して利用できるとしている。

   同様なサービスには、伊藤春香さんが手がける「肉会」がすでにある。堀江さんは、肉会から持ちかけられた買収の条件が折り合わなかったものの、同様なサービスをしたいと考えて「焼肉部」をプロデュースしたそうだ。

「出会い系のトラブルは考えられない」

   「焼肉部」は、2013年末から利用者を限定して試験運用をしている。東京都内在住の20~30代の利用者約2000人には、男性は、会社経営者やIT系社員、女性はモデルなどがいたという。オープン後も、利用者は都内在住者が中心だが、今後は全国に広げていきたいとしている。

   サービスは、出会い系として利用される可能性があるが、部活動の七尾エレナ社長は、こう説明する。

「実名で利用してもらいますので、サクラを雇うことなどは考えられません。また、焼き肉を食べに行く目的があり、2対2で会いますので、買春などはありえないと思っています」

   一方、肉会を共同運営するDMM.comの担当者も、取材に対し、同様に答えた。

「フェイスブックでは、サクラはやりようがありません。これまでに、売春を持ちかけられたといったクレームは一切ないです」

   肉会は12年5月にサービスを始め、現在は会員数が5万人を突破し、20~30代を中心にマッチングが成立したのも1万件を超えたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中