社民、「脱原発派」都知事選候補一本化を断念

印刷

   社民党の吉田忠智党首は2014年1月19日朝の「NHK日曜討論」で、東京都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)への対応について、脱原発派候補の一本化を断念する考えを示した。

   社民党は共産党とともに前日弁連会長の宇都宮健児氏を推薦しており、吉田氏は細川護煕氏との一本化が望ましいとの考えを示していた。だが、この日の番組では、吉田氏は

「細川さんサイドの政策がなかなか出てこない。脱原発をどうするか、五輪、パラリンピックをどうするか、首都直下型地震への対応、高齢化対策、待機児童に問題など多くの課題がある。宇都宮さんサイドも『細川さんとぜひ協議したい』と言っていたが、なかなか協議ができる環境にないので、時間的に厳しい状況」

と述べ、政策協議が行えないことを理由に宇都宮氏の支援を続行する考えだ。

   生活の党小沢一郎代表は同番組の中で、

「我々は原発福島事故の直後からその実情を見るにつけ、脱原発、原発はやめるという主張をしてきている。ここにきて、小泉さん、細川さんも脱原発を唱えており、その方向、考え方としては一緒。週明けにはみんなの意見を聞いた上で方向を決めようと思っている」

と述べ、細川氏を支持する意向を示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中