世界的指揮者クラウディオ・アバド氏 80歳で死去

印刷

   世界的に活躍した指揮者、クラウディオ・アバド氏が2014年1月20日、イタリア北部のボローニャの自宅で死去した。80歳だった。

   アバド氏は1933年、ミラノの音楽一家に生まれた。ウィーン国立音大などで音楽を学び、60年には「オペラの殿堂」とされるミラノのスカラ座の指揮者としてデビューした。72年には音楽監督に就任し、79年にはロンドン交響楽団首席指揮者、86年にはウィーン国立歌劇場の音楽監督になった。90年、カラヤン氏の後任としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で芸術監督に就任した。また、ヨーロッパ各地で若手中心のオーケストラの創設にかかわるなど、後進の育成にも力を入れていた。

   死因は不明だが、アバドさんは2000年に胃がんの手術を受けていて、長い間、闘病生活を続けていた。13年10月に予定されていた来日公演も健康上の理由で中止になっていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中