朝鮮総連本部、モンゴル企業への売却認めず 東京地裁

印刷

   在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の再入札で、東京地裁は2014年1月23日、50億1000万円で落札していたモンゴル企業「アバール・リミテッド・ライアビリティー・カンパニー」への売却を認めない決定をした。当初、売却を許可するかどうかは13年10月22日までに判断することになっていたが、地裁が決定を延期していた。

   総連本部をめぐっては、13年3月、宗教法人最福寺(鹿児島市)が45億1900万円で落札していたが、資金を調達できず購入を断念。2度目の入札でアバール社が落札していた。今後、3度目の入札手続きが行われることになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中