田中、ヤンキース入り 7年161億円で契約

印刷

   プロ野球・楽天ゴールデンイーグルスから新ポスティングシステムで米大リーグへの移籍を目指していた田中将大投手(25)が、ニューヨーク・ヤンキースと7年、総額1億5500万ドル(約161億円)で合意、契約を結んだ。ヤンキースが2014年1月22日に発表した。

   年俸は6年目までが2200万ドル(約23億円)、7年目が2300万ドルで、総額でも単年でも日本選手史上最高となった。契約には田中投手が希望すれば、4年目終了時にフリーエージェント(FA)となれる条項が含まれるという。

   契約が完了したことで、新ポスティング制度に基づき2000万ドル(約21億円)の譲渡金がヤンキースから楽天に支払われる。現在、ヤンキースにはイチローと黒田博樹投手が在籍する。

   田中投手はプロ7年目の昨季、24勝0敗1セーブ、防御率1.27で、史上初めて無敗で最多勝を獲得。創設9年目のチームを初のパ・リーグ優勝と日本一に導いた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中