ライバルに対抗、300ドル以下で勝負 AmazonがAndroidベースの家庭用ゲーム機投入?

印刷

   米Amazon.comが2014年中にもAndroidベースのコンソールゲーム機(家庭用ゲーム機)をリリースする、と海外のゲーム情報サイト「VG247」が報じた。

   ゲームコンソール機の開発については、2013年夏に海外のゲーム関連ブログが情報筋の話として伝えていたが、詳細は明らかになっていなかった。今回は「価格は300ドル以下」などの具体的な内容が紹介されている。

ゲーム以外のエンターテインメントも楽しめる

Amazonのコンソールゲーム機、年内にリリースされる?(画像は「VG247」記事のスクリーンショット)
Amazonのコンソールゲーム機、年内にリリースされる?(画像は「VG247」記事のスクリーンショット)

   「VG247」が掲載した2014年1月28日の記事によると、ゲーム機はテレビ画面での使用を想定したもので、Androidゲームを楽しめるだけでなく、音楽、映画、テレビコンテンツなどさまざまなエンターテインメントにも対応している。すでにパブリッシャーへの説明会も行われ、AndroidやiOSの人気ゲームを使ったデモンストレーションもあったようだ。公開されたゲーム機は02年に発売されたPlayStationの小型版「PSone」と同程度のサイズで、本体カラーはグレー。角ばっていて横長だという。だが、正式リリースの際には変更される可能性もある。

   価格は300ドル以下とお手頃だ。タブレット端末では、アップル社の「iPad」より低価格の「Kindle Fire HD」を提供しているAmazonだが、今回のゲーム機も低価格の設定で、ソニーやマイクロソフト、任天堂などのライバルに対抗するとみられる。「VG247」では、発売は2014年中になるだろうと予測している。

「あり得る話だな。大注目」「需要あるのかな?」」

   Amazonからの公式発表はないものの、これまでにはストリーミング動画配信用のセットトップボックス開発が進められているとの報道が何度かあった。そのため、ギズモード・ジャパンでは今回「Androidベースでハードウェアを開発するのならゲームも動くようにしよう、という発想は自然」と分析した。また、昨年8月にはゲーム関連ブログ「Game Informer」が情報筋の話として、今回の記事に通じるAndroidベースのゲームコンソール機の開発情報を伝えていて、2013年末までに発売されるだろうと指摘していた。

   ネット上では、日本からもさっそく「これはあり得る話だな。大注目」「ゲーム機もそうやけどApple TVのようなポジションも狙っているんやろうなあ」「任天堂は益々ピンチですね」とさまざまな反応が寄せられている。中には、同じくテレビを使用したAndroid家庭用ゲーム機「OUYA」が苦戦中とあり「Ouyaもそれほど盛り上がってないしな。需要あるのかな?」「もうそういうハードはいいよ、OUYAでさんざん懲りただろうが」との指摘もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中