12月の機械受注、15.7%減 下げ幅、過去最大

印刷

   2013年12月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶、電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比15.7%減の7441億円だった。内閣府が2014年2月12日に発表した。3か月ぶりのマイナスだが、下げ幅はリーマン・ショック直後の2009年1月の11.9%減を上回り、比較可能な05年4月以降では過去最大だった。

   100億円以上の大型案件がなかったことに加えて、前月が同9.3%増と高い伸びだった反動が出た。前年同月比での「船舶、電力を除く民需」受注額(原数値)は6.7%増だった。

   業種別では、製造業が前月比17.3%減の2926億円。電気機械の業者からのコンピューターや半導体製造装置の受注が減り、7か月ぶりに3000億円を下回った。非製造業は17.2%減の4557億円。金融業や保険業、小売業などからの受注が減った。

   内閣府は「増加傾向にある」との基調判断に、「12月の実績は大きく減少した」との表現を追加した。

   2013年10~12月期の受注額は前期より1.5%増の2兆4339億円だった。伸び率は4~6月期の6.8%、7~9月期の4.3%より縮んだ。一方、非製造業の受注額は前期比7.5%増の1兆5158億円と、06年4~6月期の1兆5528億円以来となる高水準だった。

   同時に発表した13年の受注額は前年比5.8%増の9兆3232億円だった。増加は2年ぶり。

   機械受注は機械メーカー280社が受注した生産設備用機械の金額を集計した統計。受注した機械は6か月ほど後に納入され、設備投資額に計上されるため、設備投資の先行きを示す指標となる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中