安重根の伝記に子供向け「キラキラキャラ」 韓国で幼少期から「義挙」「反日」刷り込み進む

印刷

   初代韓国統監の伊藤博文を暗殺したことで知られる安重根(アン・ジュングン)を称賛する動きが、韓国でさらに加速している。

   2014年1月には中国黒竜江省のハルビン市に記念館が設けられ、韓国人観光客が多く訪れている。子ども向けにキュートなイラストを入れた伝記やTシャツも売られている。これに加えて三次元の「ゆるキャラ」まで登場したとの情報もあり、幼少期から「反日」を刷り込む教育は強固になるばかりだ。

イラストで「日帝強占期をあまり知らない子どもに親しみ持たせる」

Tシャツには薬指を詰めた人物がデザインされ(左)、伝記の表紙(右)には目がキラキラの人物が描かれている
Tシャツには薬指を詰めた人物がデザインされ(左)、伝記の表紙(右)には目がキラキラの人物が描かれている

   安は、日本政府が「テロリスト」とみなす存在だが、韓国では「義士」。伊藤博文の射殺も「義挙」だとされている。それだけに、韓国では「義挙」を子どもに伝える方法にも色々な工夫がこらされている。

   例えば、大手の通販サイト「Gマーケット」では、安をたたえる書籍は山のようにヒットし、容易に手に入る。子ども向けのものも多く、中には、目がキラキラでヒゲ姿のキャラクターが表紙を飾っているものもある。もちろん、このキャラクターは安をモチーフにしている。偉人の伝記をシリーズ化した書籍のうちの1冊で、価格は6000ウォン(570円)。本の説明文には、

「陽気でユーモラスなイラストを入れて、日帝強占期をあまり知らない子どもに親しみを持たせている」

とあり、イラストを通じて伊藤の暗殺の正当性をスムーズに教え込む狙いがありそうだ。

   このサイトでは、「安重根と満州ハルビン駅」と題したペーパークラフトも5000ウォン(475円)で売られている。ハサミを使わなくても簡単に組み立てられることを売りにしている。組み立てると、客車の前で伊藤が客車の前で安に銃撃され倒れ込む様子が、距離感とともに立体的にわかる仕組みだ。手軽に「義挙」を追体験できるというわけだ。

安の隣には胸を押さえて苦しそうな武士の姿

   Tシャツも1万8000ウォン(1700円)で売られている。右手に銃を持った安とおぼしき男性が中央に立っており、その左に胸を押さえて苦しそうな様子の武士、右に安の手形を配した。安の手形は、血書を書くために薬指の第一関節から先を切断した関係で、小指と薬指の長さが同じになっていることで知られている。Tシャツでは伊藤に発砲した直後の様子を表現したとみられるが、描かれているイラストは非常にコミカルなタッチになっている。だが、よく見ると、やはりイラストの人物の薬指も短くなっている。

   東京スポーツは14年1月19日、「ゆるキャラ」の存在も伝えている。現時点で詳細は明らかではないが、今後どのようなイベントに出動するか注目されそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中