「子供に夢を託すな、大人も自分を生きろ」CMに反発の声 「子供をダシに使ってんじゃないよ」「転職出来ない人にケンカ売ってる」

印刷
「子供に夢を託すな、大人も自分を生きろ…」

   子供が大人に向かってこう歌いかけるCMが、最近ネット上で頻繁に流れている。動画やニュースをネットでチェックする際、耳にしたことがあるという人も多いのではないだろうか。

   このCM、歌いかけられている側の大人たちからはあまりよく思われていないようだ。

「先が見えてるだなんてうそうそ」

子供が切々と歌い上げるCM(YouTubeより)
子供が切々と歌い上げるCM(YouTubeより)

   話題のCMは、リクルートキャリアが運営する転職・求人情報サイト「リクナビNEXT」のものだ。2013年9月に公開され、主にYouTubeなどウェブサイト上の広告で放映されている。

   スーツ姿のサラリーマンが急ぎ足で通り過ぎる駅前や、疲れたサラリーマンが大口を開けて眠りこける電車内で、また立ちそびえる高層ビルに向かって、子供たちが「子供に夢を託すな、子供に夢を託すな」「先が見えてるだなんてうそうそ」「大人も自分を生きろ」などと淡々と歌い上げている。「自分のやりたいことは自分で実現しよう」ということを訴えたいCMだと思われる。

常見陽平氏「この幻想が日本人を苦しめているのでは」

   このCMが14年3月からネット上で多く出稿され、話題になっているのは確かだが、評判の方は今一つ芳しくない。

   ネット上に書き込まれた感想を見てみると、「見ててなんか気持ち悪い」「世の中の転職出来ない状態の人間全員にケンカ売ってる」「お前等こそ子供ダシに使うんじゃねぇよ」など、辛らつな意見が並んでいる。

   元リクルート社員で人材コンサルタントの常見陽平氏も13年10月、言論サイト「アゴラ」に寄稿した文で「『気持ち悪い』と感じた」と率直に述べ、「この『もっと素敵な居場所がある』幻想、『自分らしく働けるはず』幻想が日本人を苦しめているのではないか。自分探しが止まらなくなっているのではないか」と指摘していた。

   一方で「これは正論」「知人で子供がいる親の連中全員に正座して聞かせたい」など、内容を評価する声もあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中