消費増税、家計の支出「減らす」55% 読売世論調査

印刷

   2014年4月の消費税率の引き上げ以降に、家計の支出を現状よりも「減らそうと思う」と答えた人が55%となり、前回調査(2月)の54%とほぼ同じだったことがわかった。読売新聞社が全国世論調査を実施、3月17日に報じた。「そうは思わない」は40%で、前回調査の41%よりもわずかに減った。

   消費税率を15年10月に予定どおり10%に引き上げることについては、反対が67%(前回68%)だった。消費税率を10%に引き上げると同時に、生活必需品などに軽減税率を「導入すべきだ」と思う人は79%(前回77%)に達している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中