テレ東の人気ドラマ「三匹のおっさん」 全話平均2ケタの快挙

印刷

   テレビ東京の連続ドラマ「三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~」の最終回2時間スペシャルが2014年3月14日に放送され、平均視聴率が12.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)にのぼったことが17日、分かった。

   ドラマは人気作家・有川浩さんの同名小説が原作。かつての悪がき、シゲ(泉谷しげるさん)、キヨ(北大路欣也さん)、ノリ(志賀廣太郎さん)の3人が結成した私設自警団「三匹のおっさん」が町内の悪を斬る姿を描いた物語で、今年1月17日にスタートした。

   視聴率12.6%は、同局でプライムタイムに放送された89年以降の連続ドラマでは、時代劇を除いて史上最高の数字だという。なお、全8回の平均は10.2%で、全話平均が2ケタを超えたのも同局初という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中