ANA「ジャンボジェット」が引退 高度成長の大量輸送担う

印刷
ANAスタッフが横断幕で離陸する747を見送った
ANAスタッフが横断幕で離陸する747を見送った

   「ジャンボジェット」として親しまれたボーイング747型機が2014年3月31日、日本の民間旅客機としてはラストフライトを迎えた。747は、国内航空会社としては日本航空(JAL)が1970年に初めて導入。高度経済成長時代の大量輸送を担ったが、大型機に対する需要が減った上に燃費の悪さが敬遠され、JALは11年に全機を退役させていた。

   全日空が747を初めて導入したのは1979年。現行の747-400型機は1990年に導入した。最も多い時(1998~99年)で39機を保有したが、今となっては今回退役する最後の1機(JA8961)を残すのみになっていた。ラストフライトを迎えた3月31日9時過ぎ、乗客497人を乗せたNH127便が那覇空港に向けて羽田空港を離陸。折り返しのNH126便が747の最後の営業飛行になる予定で、15時頃に羽田空港に戻ってくる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中