浦和レッズのサポーター11団体がトラブルの責任を取り解散

印刷

   サッカーJリーグの浦和レッズは2014年3月28日に公式ホームページで、サポーターグループ11団体から解散の申し出が3月27日にあったと発表した。この11団体には合計200人から300人ほどが所属しゴール裏の観客席で応援のまとめ役などをしていた。

   浦和レッズのサポーターの中にはこれまでも応援が過激すぎるとか暴力沙汰を起こすなどのトラブルがあり、3月8日に行われたサガン鳥栖戦では「Japanese Only(日本人以外お断り)」という弾幕を掲げ大問題に発展し、無観客試合の処分を受けた。この弾幕を掲げた団体はクラブから無期限活動停止処分を言い渡されたが、他のサポーターグループ11団体も自主的に解散した。この11団体は、

「過去のトラブル及び今回の事案について、当事者としての責任を認識し、全員で解散を決めました。今後は、差別撲滅に向けた取り組みを含め浦和レッズのために行動していきます」

とのコメントをクラブに寄せたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中