「アウディが寿司ビジネスに新規参入」 今年のエイプリルフールでは一番と評判に

印刷

   ドイツ自動車メーカー「Audi(アウディ)」が寿司外食産業に新規参入するという驚きのニュースが2014年4月1日に発表された。アウディ・ジャパンがサイト上で明かにしたもので、東京・銀座に1号店を出店し、2014年度中に全国に500店舗の出店を目指すという内容だ。

   ただ、これはエイプリルフールに合わせた嘘。ネット上では「ナイス、エイプリルフール」「笑った」などと今年の嘘ニュースの中では秀逸だったと話題になった。

銀座に1号店をオープンさせる事業計画を説明

表面には「quattro」の焼き印(画像は「アウディ」の特設サイト)
表面には「quattro」の焼き印(画像は「アウディ」の特設サイト)

   アウディ・ジャパンの発表では、「アウディ、寿司ビジネスに参入」という見出しに続き、銀座に1号店をオープンさせるなどの事業計画が説明された。全世界で500万台以上が生産された「quattro」にちなんだ寿司ネタとして、「幅広い世代に人気を誇っているのは、やはりマグロの中トロと大トロ。そんな中、アウディが自信を持って投入するメニュー、それが『クワトロ』です」と写真付きで紹介した。

   自動車メーカーとしてのカテゴリーを超え、異業種に参入する理由については「私たちはクルマと和食、とりわけ寿司を、どちらも等しく『文化』としてとらえています。和食が世界無形文化遺産に登録され、国内でもこれまで以上に再評価される今、寿司事業へ取り組むことにいたしました」と説明した。

   この発表には驚かされた人も多かった。しかし、最後に小さく「※この記事はエイプリルフールの嘘のニュースです」と記載されており、発表日が4月1日だったことを改めて認識させられた。ネット上では「せっかくのブランドが」「イメージ損ねた」「笑えない」といった批判的な意見もあったが、大多数からは「今年のエイプリルネタはアウディが一番かな」「無駄にカッコイイ」「本当に参入して」「(寿司ネタのクワトロを)食いたい。うまそう」などと好意的に受け止められた。

合い言葉を言えば、「オリジナルAudi湯呑」をプレゼント

   エイプリルフールには世界中で嘘ニュースが流れるのが恒例で、まとめサイトができるほど注目されている。ただ、嘘ニュースは、外すと企業イメージに悪影響を及ぼすだけにジョークのセンスが問われる。アウディが評判となったのはセンスの良さに加え、本当のニュースも織り込んでいたからだ。

   それは4月1日限定で正規ディーラーに行って「中トロ、大トロ、クワトロ」という合い言葉を言えば、「オリジナルAudi湯呑」をプレゼントするというもの。この湯呑みには漢字で「鯵」「鰯」「鯖」「鮎」「鮑」など寿司ネタが書き込まれているが、その中に車偏に「四駆」と書いて「くわとろ」と読ませる造語も紛れ込んでいた。この湯呑みが好評で「欲しい」という声がネット上に殺到。湯呑みをもらえたとの書き込みがあった一方、数量限定だったこともあり「もうなかった」「もらえんかった」という報告も。嘘ニュースが不評だった企業が少なくない中、評価を高めたアウディの来年のニュースに期待する声が早くも上がっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中