森ガール、山ガールの次は「狩りガール」 狩猟にはまる女性が増加中!

印刷

   「森ガール(森にいそうな女の子をテーマにした、ゆるいファッションや生活を楽しむ女性)」、「山ガール(おしゃれに登山を楽しむ女性)」など、特定のジャンルにハマっている女性に対する「●●ガール」という呼称が定着して久しいが、また新たな「ガール」が登場した。

   「狩りガール」という。ゲームやファッションではなく、実際に山や森へ狩猟に出向く女性を指す。男性のイメージが強い狩猟だが、最近女性が増えつつあるというのだ。

「第1種銃猟免許」所持する女性の割合が増加

男性のイメージが強い狩猟だが…(写真はイメージ)
男性のイメージが強い狩猟だが…(写真はイメージ)

   環境省の発表によると、1975年度には51万8000人いた狩猟人口は、2010年度には19万人にまで減少している。このうち60歳以上が12万2000人で、人口減に加え高齢化という問題も抱えている。

   一方で女性の人口は少しずつ増えていて、装薬銃と空気銃を使用した猟ができる「第1種銃猟免許」所持者のうち女性の割合は、01年には0.5%に満たなかったのが、09年には0.7%に伸びている。

   大日本猟友会が運営する「目指せ!狩りガール」というサイトでは、女性が狩猟を始めるきっかけの一例として「食べ物に対する関心から、米や水、野菜、魚だけでなく、自分で納得できる〈肉〉と向かい合うライフスタイルを選んだ」「都市農村交流の中から野生鳥獣による食害・獣害を目の当たりにし、森林保護・環境保全に関心を持った」「山歩きだけでは物足らず、少しだけステップアップしようと思った」の3つを挙げている。

エゾシカ料理店を訪れたのがきっかけに

   「目指せ!狩りガール」では、実際に猟銃所持許可と狩猟免許を取得し、「狩りガール」の一歩を踏み出した女性も紹介している。彼女はエゾシカ料理の専門店を訪れたのをきっかけに、「このお肉がどうやって来たのか?獲るところを見てみたい」と思い、また狩猟が森林保護につながると聞いて「カッコいい」と感じ、「狩りガール」を目指したそうだ。

   大日本猟友会の冨山章彦氏によると、「狩りガール」はここ2~3年で増えてきたという。野生鳥獣の肉を食べる「ジビエ料理」が世間に広まり始めたことと、農作物の獣害が取り沙汰されたことが背景にあるとみている。

   「目指せ!狩りガール」のサイトを見た女性からも、「興味を持った」という感想や、「狩りガールを目指し始めた」という報告が寄せられているそうだ。

年収2000万円part1

   景気回復の影響で求人市場が活性化している。中でも注目されているのはヘッドハンティングだ。1000人以上のヘッドハンターが登録している「Bizreach」によると......続きを読む

PR 2016/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

【夏到来】気になるワキの汗ジミ、ニオイの悩みを解消したい!

ワキ汗・ニオイ治療は驚きの進化を遂げていました

ハイクラス転職 狙うなら今!

もっとも多くの敏腕ヘッドハンターが集まるサイトで、あなたキャリアをアピールしてください。

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中