小保方晴子氏に「研究オファー相次ぐ」の報道 いったいどこから?と話題に

印刷

   STAP細胞論文を書いた小保方晴子氏(30)に対し、外部の研究者からヘッドハンティングが相次いでいると、代理人の弁護士が明かしたと報じられた。しかし、オファーを示す動きはまだ確認されておらず、そう言い切れるのかと疑問も出ている。

   「うちで研究をやらないか」「僕でよかったら力になります」。マスコミ報道によると、こうした研究オファーは、小保方晴子氏が2014年4月9日に会見して以降、いくつか届くようになった。

科学者のほか、別ジャンルの学者もいた?

   弁護士の元には、14日までにメールが約100件、手紙も約30通が届いており、その中にオファーが含まれていたらしい。科学者のほか、別ジャンルの学者もいて、研究資金や設備などを提供したいと言ってきているという。

   オファー内容について、ネット上では、様々な憶測が出ている。

   その1つが、再生医療に関わる製薬会社や、広告塔として期待できる健康食品メーカーといったところではないかというものだ。また、宗教関係からも声がかかっている可能性も指摘された。

   一方、日本ではなく、海外の研究者らではないかという声もあった。オファーについては、「高値で売り抜けるのは賢い選択だと思う」と好意的な声もあったが、「まともなところから話が来るとも思えないけど…」と冷ややかに見る向きが多かった。

   さらに、「理研に雇用継続を促そうとするフェイクじゃないの?って邪推してしまう」などと、情報操作を疑う声まで出た。

   実際のところ、外部の研究者らは小保方氏をどう見ているのだろうか。

   フジテレビ系ワイドショー「Mr.サンデー」は14日、中国・香港の名門、香港中文大学の李嘉豪教授が、小保方氏にある呼びかけをしたことを紹介した。

   番組によると、李教授は、小保方晴子氏が学んだ米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が公開した手法を応用して、STAP細胞づくりに取り組んでいる。実験をするうちに、細胞に意外な変化が現れたことを突き止め、目覚ましい成果を挙げたという。

バカンティ教授はラブコールを送るが…

   しかし、それでもSTAP細胞の再現にはほど遠かったというのだ。小保方氏のやり方では、5回も失敗しており、李嘉豪教授は「STAP細胞は信じていません」と断言した。そして、最後に、「小保方さん、教えて。ぜひ私たちの研究室に来て作り方を教えてください」と呼びかけた。こうした流れを見ると、研究オファーとは言えないようだ。

   番組では、再生医療の権威とされる米スクリプス研究所のローリング博士らの見方も紹介された。ローリング博士は、小保方氏がSTAP細胞を作るコツがあるとしたことについて、「本来論文とは、読んで同じ技術を使えば、だれでも同じことができるようになるものです。読んでも分からないコツがあるなんて、普通はないですよ」と疑問を呈した。研究所の別のスタッフによると、世界各国で50人以上の科学者が再現実験をしたが、いずれも成功しなかったという。

   小保方氏にオファーする外部の研究者については、報道などでは、まだ具体的に名前が出ていないようだ。

   外部とは言えないものの、ハーバード大のバカンティ教授は、小保方氏にラブコールを送っていると報じられた。来日して、京都市内で2014年4月15日にあった国際会議で講演し、「STAP細胞は必ず存在する」と小保方氏を擁護した。そして、「ボストンに戻っておいで」と、ハーバード大などに来るよう呼びかけたそうだ。

   小保方氏は今後どうするかなどについて、代理人の三木秀夫弁護士に取材しようとしたが、事務所によると、「マスコミに対し、個別の対応はしていません」とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中