旅客船沈没事故「生存者がいる!」 大ウソで韓国を大混乱させた女の正体

印刷

   韓国珍島沖の旅客船沈没事故で、韓国当局が出す事故に関する情報に嘘や間違いが多いことから、韓国では政府に対する非難の声が高まるばかりだ。それだけではない。一人の民間人女性がテレビに生出演し、事故に関して全くのデタラメを語り、騒動になっている。今でもその発言を信じている人もいるという。

   この女性には逮捕状が出され、2014年4月20日に自ら警察に出頭し取り調べを受け証言の嘘を認めた。韓国のネットではこの女性は誰なのか、なぜ嘘をついたのかなどと大騒ぎになり人物の「特定」が進められた。

「俳優デビューがあるかも」と意味不明のツイート

   この女性(26)は14年4月18日午前にニュース専門チャンネルのMBNに民間のダイバーとして生出演し、「報じられている内容に嘘が多い」などと当局やマスコミを非難した。報道では否定しているが、実は船の中には生存者がいてダイバー仲間が甲板越しに会話をしたりサインの交換をしている。そうしたことは警察署長や職員も知っていて、自分たちは早く救助をしたいのに、警察は自分たちの作業を妨害するばかりで「時間をつぶして帰れ」などと追い払おうとしている、などと語った。

   生存者がいるという彼女の証言を信じた人たちから韓国政府に対する抗議の声が激しくなると、警察はこの証言内容は真っ赤な嘘であり、この女性は潜水関連の資格証すらないなどとして、虚偽事実の流布容疑で逮捕状を出した。MBNもこの日の午後に報道局長が謝罪することになった。しかし、こうした女性の発言はSNSなどを通じて全国に広がってしまった。

   韓国のネットは、この生放送直後に唖然となった。この女性が、ツイッターで驚くべきことを報告したからだ。現場の続報や救助の応援などをつぶやくのだと期待したところ、書かれたのは、「MBNの出演が羨ましいか?」「映画俳優デビューがあるかも」などといったものだった。この女性は変だと激しい反感を買い、いったいあの女性はどんな人物なのか、といった詮索が行われることになった。

   そして11年3月に放送されたMBCニュースに同じ名前で出ている映像が発見される。日本で収録された東日本大震災に関する番組で、韓国に帰りたいが韓国料理店で働きながら日本にとどまる若者として登場、「恋人も友達もいるから帰れるわけがない」などと語っていた。この動画を見た人たちからは、「災害の場所が好きなのか?」などといった感想が漏れていた。

   いったいこの女性正体は何なのか。韓国のスポーツ紙「スポーツワールド」のキム・ヨンホ記者を名乗る人物が「ツイッター」で、この女性を取材した経験のある自分が正体を明かさなければならないだろう、とし、記事をまとめてネットにアップした。これがこの女性の正体なのだろうとなり、現在の韓国で広く読まれている。

プロ野球選手との嘘の妊娠騒動を起こした過去

   記事によれば、この記者はテレビに女性が出てきたとき、自分の目を疑ったのだという。彼女はダイバーなどではなく、テレビのインタビューに出してはならない「虚言癖」を持つ。プロ野球ファンにとっては特に有名な存在で、選手と恋人だ、などと嘘をつくだけでなく架空の妊娠騒動も起こした。有名K-POPグループのメンバーの従妹だと嘘をつき、SNSでグループを攻撃する言葉を投げつけ混乱させた。いまでもそのグループはその時の傷で正常な活動ができないでいる。また、サラリーマンに対し作詞に関わる詐欺行為を行って1億円の訴訟を起こされている、などといった騒動を紹介した。

   また、彼女の人生は韓国の有名ドラマの主人公のストーリーをなぞっているような感じであること。日本の東京都赤坂にある飲食店で働いたけれども金銭トラブルで韓国に戻り、韓国の居酒屋で働いたけれども同じだった、と説明。どうしてこのように彼女の歴史を詳しく書くかというと、嘘がばれると「二度と嘘をつかない」と泣いてあやまるのだが、その後も嘘を繰り返すからだ。自分は彼女のついてきた嘘を許し更生を求めたけれども「虚言癖」はなくなるどころか大きくなり、今や韓国を揺さぶる存在になっている。「生存者がいる」などという大嘘は、身内の安否を気遣う人々に対しどだけ大きな傷を与えたかわからない。

「どれだけ大変なことをやらかしたか分かっているか」

と激しいことばを投げつけた。

   女性は14年4月20日夜に自ら警察に出頭した。朝鮮日報の14年4月21日付け電子版によれば、調べに対し女性はテレビで話したことは嘘だったと認めたが、自分は民間のダイバーだとは言っていないし、話した内容は現場の人々から聞いた話であり報道と全く違っていたため紹介したいと思い、興奮状態でインタビューを受けた、と説明しているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中