北朝鮮、セウォル号沈没事故で初めて弔意

印刷

   北朝鮮の朝鮮中央通信は2014年4月23日、韓国の旅客船「セウォル号」(6825トン)の沈没事故について、赤十字会中央委員会が韓国赤十字社あてにお見舞いの電報を送ったと報じた。電報は「幼い生徒たちをはじめ数多くの乗客が死亡したり、失踪したりしたことに深甚なる慰めの意を表する」といった内容。北朝鮮が事故について弔意を表すのは初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中