AKBメンバーが運営にチクリ? 「今から対策を考えるなんて遅いよ」

印刷

   AKB48の握手会で起きた事件から3日、ようやくメンバーたちも事件について自身の考えを発言し始めている。

   川栄李奈さん、入山杏奈さんをはじめ傷ついたメンバーをいたわるコメントや、ファンへの心配や感謝をつづったものが多いが、AKBチームKの田野優花さん(17)のコメントからは運営への怒りに近い気持ちも感じられる。

「これからどうしていくべきか、今まで以上にしっかりしていただきたい」

田野さんの投稿
田野さんの投稿

   田野さんは2014年5月28日11時前、事件後初めてGoogle+を更新した。

   「こんなこと実際におきてしまうなんてだれも想像もしてなかったでしょうね」という書き出しで、

「でも実際におきてしまったことは事実で、これから二度とこんなことがないように今から対策を考えるなんて遅いよ。悲しみと色んなことに対する怒りが私の今の気持ちです」

と、やりきれない思いを吐露した。

   握手会などのイベントが中止になっていることについて「みんなごめんね」とファンに謝り、「被害を受けた2人もそうだし、親御さん、メンバーの心のケア、そしてこれからどうしていくべきか、今まで以上にしっかりしていただきたいと思います」と、運営への注文のような文章で締めている。

   コメント欄には「そうだよね。今から言うのも遅いけど、もっとしっかりと対策を取るべきだったと思う」「対策が万全になるまでは握手会もハイタッチもなくていいよ。本当に万全になるまで」「運営さん、本当に頼みます」など、田野さんに同調する意見が多数寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中