災害時は無線LANを無料開放 通信各社など

印刷

   NTTグループやKDDI、ソフトバンクモバイルと通信機器会社などが参加する「無線LANビジネス推進連絡会」は、大規模災害の発生時に公衆無線LANを無料開放すると、2014年5月27日に発表した。電話回線が混雑してつながりにくい状況でも、インターネット回線を使ったメールやソーシャルネットワークサービス(SNS)などの連絡手段で安否を確認できるようにする。

   たとえば、携帯電話の基地局などが被災した場合に、携帯電話会社などが提供するWi‐Fi(無線LAN)を開放。被災者やその家族らはスマートフォンやパソコンで、災害や避難所の情報を確認できる。

   災害時は『00000JAPAN』というネットワーク名(統一SSID)を使う予定。重傷を負った人の生存率が72時間を境に低くなるのを受け、災害発生から72時間以内に無料開放される見込み。被災者だけでなく、救助隊などの利用も視野に入れる。

   また、2020年の東京オリンピックに向け、訪日外国人向けに公衆無線LANの通信環境を整える計画も検討する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中