「養育費」でセレブ・ハワイ生活を満喫 若乃花元妻花田美恵子さんにブーイング

印刷

   「若乃花」こと花田虎上さん(43)の元妻である花田美恵子さん(45)が2014年5月29日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)にVTRで登場し、ハワイでの暮らしぶりを披露したところ、インターネット上でブーイングが起きてしまった。

   視聴者が不快に思ったのは、そのセレブな暮らしを支える資金源だ。どうやら美恵子さん、4人の子供のために送られる虎上さんからの「養育費」をあてに、悠々自適な生活を謳歌しているらしいのだ。

「人生の中でいま一番幸せ」

   VTRではハワイにある美恵子さんの邸宅が披露された。広さ150平方メートル、3LDKの物件で、現在価格は約8000万円。もともと夫妻の別荘だったものを、慰謝料代わりにもらった東京・成城の自宅を売却し、そのお金でローンを返済したのだという。他にも英ランドローバーの車で子供たちを送り迎えする様子や、9年間続けているというヨガのレッスン風景、ハワイの高級スーパーで夕飯の買い出しをする様子など、セレブ感ある日常が紹介された。

   スーパーで食品を見て回る美恵子さんは、値段の高いオーガニック野菜を選んだ。レジでの支払額は、夕飯の買い出しにもかかわらず約1万7000円にものぼったが、美恵子さんは「食べ物に(お金を)かけるのは、私は惜しまないっていう方針でずっときた。あと、ワンちゃんの分(食料)も入ってる。ごはんも手作りしてるんで」と、さらりと答えた。

   多くの主婦が雑誌を読んで憧れるような生活を体現しているが、肝心の稼ぎはというと、フリーペーパーで連載しているコラムのわずかな執筆料ほどしかなく、主な生活費は虎上さんからの養育費だ。「前の旦那さんから養育費という形でいただいているのをあてにしているっていうようなのが現状」と説明した上で「本当にありがたいなと思っている」と話していた。また、美恵子さんはハワイにいる日本人の年上社長との恋愛も示唆し、「人生の中でいま一番幸せ」と嬉しそうに語っていた。

別番組で「節約生活」アピールも視聴者反発

   だが、幸せ絶頂の美恵子さんに対し、視聴者の反応は冷ややかだ。「養育費」で贅沢な暮らしをおくる姿が反感を買ったようで、ネット上には、

「公にする事ではなかったかもね」
「イメージダウンだった」
「養育費って子供たちのためのお金で、母親が贅沢するためのお金じゃないと思ってたんだけど」
「よく恥ずかしげもなく養育費を当てにしてますって言えるなwwできる範囲の節約して普通に働けよww」

などと否定的な声がいくつもあがっていた。

   実は、美恵子さんのハワイ生活が視聴者から批判されたのは今回が初めてではない。今年2月には「玉の輿に乗ったのにその後どん底に落ちた女たち」(テレビ朝日系/美恵子さんの部分は6月1日に再放送)に登場、美恵子さんの半生を追った再現VTRが放送された。

   こちらは「櫻井有吉アブナイ夜会」と正反対の内容で、ハワイのシーンでは4人の子供を苦労しながら育てている「お母さん」としての姿が描かれていた。フリーペーパーのコラム執筆代(1回6000円)を稼ぎながら、朝5時に起きて子供たちの朝ごはんを用意し、高級スーパーではなく市場で安い食材を選んで買う節約生活。結婚時の豪華な生活とは異なるが、美恵子さんはメディアに追いかけられることもないハワイの地で子供たちとともに「普通の幸せ」を追っている、という筋書きだった。

   どちらの番組もどこまでが演出なのかは分からないが、美恵子さんが節約生活を主張したとしても、ハワイで暮らし続けていること自体が「セレブ」の証ともいえる。「どん底に落ちた女たち」の内容にも、違和感を覚えた視聴者が少なくなかったようで、放送当時には「ハワイに暮らしてどこがどん底www」「今の暮らしは優雅な暮らしにしか見えなかった」などと、批判的な意見が多数出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中